初心者の方必見!LINEボットのつくり方を紹介!

今まで、LINE BOTの事例や「りんな」について説明をしてきた。
実際に作ってみたいと思っても、「どう作っていいのか分からない」「プログラミングで1から作らないといけない?」など
様々な悩みや不安があるかと思う。

今回、実際にLINE BOTを作成してみたいと思う。
作成方法としては2つ。1つ目は「プログラミングから作成」2つ目は「ツールを使っての作成」。
それでは、実際に作っていきたい。

目次

  • LINE@の登録方法
  • ツールを使用しないで作ってみる
  • ツールを使用して作ってみる
  • まとめ
  • LINE@の登録方法

    LINE BOTを開発するためには、まずはLINE@アカウントを作成しなければならない。
    LINE@アカウントの作成方法から説明をしていく。

    LINE developersにログインをする

    まずは、LINE developersに行きログインをする。
    ログイン後、「Messenging APIをはじめる」をクリックし登録画面に入る。

    プロバイダーを選択する

    プロバイダー選択のプルダウンを押すと、自分で作成をしたプロバイダーが出てくる。
    プロバイダーを選択して、次のページをクリックすると登録画面に進むことができる。
    プロバイダーを作成していない人は、ここで作成をすることもできる。

    Messenging APIの情報を入力する(アプリ名・アプリの説明)

    アプリ名とアプリの説明を入力する。
    アプリ名は、LINE@アカウントの名前となり、アプリの説明は、LINE@アカウントの説明になる。
    今回は、「HummingBird」というアプリ名にしてみた。

    ※入力前

    ※入力後

    どのように表示されるかが、隣のスマホの画面で表示がされるため確認がしやすい。

    Messenging APIの情報を入力する(プラン・業種・アドレス)

    次に、プラン入力を行わなければならない。
    アドレス以外はすべて選択制となっているため、簡単に設定をすることができる。

    保存後、利用規約に関して同意するボタンがある。同意をチェックしないと先に進めないので、チェックを必ずしてほしい。
    チェックし、作成ボタンを押すとLINE@アカウントが作成されるようになる。

    ツールを使用しないで作ってみる

    それでは、早速ツールを使用しないで作成をしてみる。

    ・まずはサーバーの登録から始める。
    今回は「heroku」というサービスを使用したいと思う。
    まず、「heroku」とは何かを説明したい。わかりやすい説明を見つけたので、こちらをご覧いただきたい。

    heroku(ヘロク)とは、PaaS(Platform as a Service)と呼ばれるサービスで、アプリケーションを実行するためのプラットフォームです。

    もう少しわかりやすく説明すると、サーバやOS、データベースなどの「プラットフォーム」と呼ばれる部分を、インターネット越しに使えるようにしてくれるサービスの一つです。
    出展:侍エンジニア塾ブログ

    実際に、登録をしてみたがまずどの言語を使用していいのか分からない。
    Ruby・PHP・Javaどれが簡単で使いやすいのかが初心者には分からない。
    ここで第一の壁にぶつかってしまった。

    見ても初心者には作成ができなさそうなので、
    今回のみ作成手順が書いてあるサイトを見てみよう。

    プログラム言語を書かなければいけないとのこと。
    ちなみに、これは一部。

    出展:QWINTED

    これを合計125行書かなければいけないとなると、
    プログラミング初心者の人は一週間近くかかってしまうかもしれない。

    ちなみに次の作業は、herokuへデプロイ。
    デプロイは簡単そうに見えるが、ディレクトリなど用意しないといけないので
    簡単とは言えない。ちなみにこんな感じ。


    出展:QWINTED

    筆者は、「比較的簡単にBOTを作成できた」というが、初心者の私には簡単にはできなかった。
    一から作成するには、初心者には向いていなかった。
    今回、参考にしたサイトはQWINTEDさんの記事である。もしプログラミングで一から作成したい場合には、こちらのサイトを見ながら行ってみてはいかがだろうか。とても分かりやすく書いてある。
    QWINTED

    このままでは、いつになってもBOTを作成することができなくなってしまう。
    そんなお悩みのあなたにおすすめはこちら。
    開発ツールを使って作成する!である。

    ツールを使用して作ってみる

    それでは、ツールを使ってみるとどうなのか。
    実際に作成をしてみよう。

    ・まずは「hachidori」にログインをし、新しいBOTを作成するを押す。

    ・続いて、サービス選択画面になるので好きなサービスを選択し、次へを押す。
    今回はLINEBOTの作成のため、LINEを選択。

    ・基本設定として、BOT名・アイコン設定を行う。
    ※入力前

    ※入力後
    画像は連携後登録可能のため、今回は登録はしない。

    連携作業

    連携するには、8項目行わなければならない。
    今回、1-5に関しては最初に説明をしたため、6からのスタートとする。

    ・BOTアカウント一覧画面から、作成したBOTをクリックする
    LINEdevelopersに飛んでいただき、作成したBOTをクリックする。

    ・Channel ID・Channel Secret・アクセストークンを用意する。

    ※アクセストークンは表示されていないため、再発行する必要がある。その場合、再発行ボタンを押し「0時間後」に設定し再発行ボタンを押す。その後、アクセストークンが再発行される。

    ・hachidoriに戻り、先ほどのChannel ID・Channel Secret・アクセストークンを入力する。
    一緒に該当プランも選択する。

    ※入力前

    ※入力後

    ・ボットの作成が完成!かわいいhachidoriの画像が出てきました。
    設定方法があったため、特に迷わずスムーズに対応をすることができた。

    サーバー登録

    次に、サーバーの登録を行う。
    サーバー登録は、3項目と簡単に行うことが出来る。

    ・まずは、必要な設定をしていく。
    グループトーク参加:グループトークでもBOTを利用する場合、BOTのグループトーク参加を利用するに変更。
    自動応答メッセージ:LINEの自動応答メッセージを利用する場合、ユーザーが何かを発言すると、必ず特定のキーワードが返答される。
    友だち追加時のあいさつ:友だち追加時のあいさつを利用する場合、ユーザーが友だちになった時のウェルカムメッセージを設定できる。
    自動応答メッセージと友だち追加時のあいさつはhachidori側でも設定可能。必要に応じて利用有無を切り替えていただきたい。

    ・Webhook登録
    Webhookを利用するに変更しないと、BOTの返信ができなくなってしまう。
    そのため、必ずここは利用するにチェックをつけるように。

    Webhookを利用するを押すと、WebhookURLが入力できるようになる。

    hachidoriに戻り、設定画面からWebhookURLをコピーする。

    コピーしたら、LINE@MANAGERに戻りWebhookURL部分に貼り付ける。そして保存をする。

    そうすると、接続確認というボタンが出てくるのでクリックする。

    最後に、サーバー登録を行う。
    上に戻り、左端にchannel基本設定などいくつか選択できるところがある。
    上から2番目の「セキュリティ管理」をクリックする。
    すると、IPアドレスが追加できる画面になる。

    hachidoriに戻り、IPアドレスをコピーする

    そして、先ほどの画面に戻りIPv4アドレスの欄に貼り付ける。これで、チャットボットを作成することができる。

    いかがだろうか?ここまでなら初心者の方でも、30分まではかからず作成することができる。
    後は、実際にシナリオ作成やお問い合わせを覚え込ませる作業を行って終了だ。
    どういうBOTがあるのか知りたい場合には、こちらを見てほしい。

    まとめ

    実際に、プログラミングで作成する場合とツールを使用する場合見比べてみていかがだっただろうか。
    プログラミングから作るとなると、日数もものすごくかかり途中で挫折をしてしまう人もいるだろう。

    そこでお勧めするのが、開発ツールを使用して開発することである。
    現在、このようにノンプログラミングでBOTを開発できるツールが増えてきている。
    その中でも、今回は初心者でも使いやすい「hachidori」を使ってみた。
    「hachidori」以外にもどんなツールがあるか知りたい場合には、こちらを見てほしい。
    開発ツールを使用すると、連携作業とサーバー登録のみでBOT開発ができるので、初心者の方でも簡単に使用することができる。
    BOT開発で悩んでいるあなた、今すぐ開発ツールを使用してBOTを開発してみてはいかがだろうか。