インスタグラム「キャプション」とは?効果的な書き方や投稿事例をご紹介

インスタグラム「キャプション」とは?効果的な書き方や投稿事例をご紹介

Instagramは基本的には画像や動画媒体のSNSになりますが、Instagramを活用してマーケティング戦略を進める際には、「キャプション」をしっかりと活用する必要があります。

この記事では、キャプションの基本的な説明から成功事例まで詳しく解説していきます。

目次

 Instagramのキャプションとは

Instagramのキャプションとは、投稿した画像に対しての補足情報を記載できる説明文のことをいいます。

勿論、投稿する際の必須項目ではないので、キャプションを入力しなくても投稿できますが、キャプションを記載した方がユーザーへのアピールができるため、効果的に宣伝を行うことが可能となります。

基本的には、フィード投稿やIGTV投稿のタイミングで作成するものではありますが、投稿後に追加することも可能となっています。

キャプションのメリット

キャプションを利用することでユーザーに対して、自社の情報をアピールしやすくなるなど、いくつかのメリットがありますので、以下で詳しく解説していきます。  

投稿画像の補足を行い投稿内容をより伝えることができる

Instagramは画像投稿をメインとしたSNSですが、画像だけでは情報が伝えきれないことも多くあります。

キャプションはそういった画像だけでは伝えることができないような情報を記載することができ、ユーザーに対して「正確な情報」を伝えることができます。

企業として、Instagramを利用してユーザーにアピールしていくのであれば、尚更正確な情報しっかりと伝える必要があります。  

ハッシュタグを加えることで検索に引っ掛けることが出来る

キャプションにはハッシュタグを書くことができますが、ハッシュタグを記載しておくことで顧客の検索に表示されやすくなり、結果として多くの人に情報を見つけてもらいやすくなります。

検索数が増えていきますと、多くの人に目に触れることになりますので、商品やサービスを購入して頂ける顧客の数も多くなります。  

企業アカウントでも差別化がしやすい

企業のInstagramの投稿をキャプションで書く上で、他の企業と違う書き方をしていけば、他社のアカウントとの差別化を図ることができ、顧客の印象に残る可能性が高くなります。

写真だけやハッシュタグだけの投稿も楽ですし、オシャレに感じるかもしれませんが、投稿の内容が機械的に感じる部分があり、顧客の印象に残らないことが多くなります。

そうならないためにも、キャプションへの書き込みの内容はしっかりと考えて投稿していくべきでしょう。  

キャプションの注意点

利点の多いキャプションですが、勿論注意点もいくつかあります。  

文字数上限は2,200

キャプションは入力できる文字数が決まっており、最大で2,200文字までしか入力できません。

文字数にはハッシュタグ・絵文字・記号も含まれてしまいます。 Instagramが長文に不向きなメディアであることを理解しておきましょう。  

ハッシュタグの上限数は30

1つの投稿に対して使用できるハッシュタグの数も上限が決まっており、最大で30個までとなっています。

もし、誤って31個以上のハッシュタグを記載したまま投稿してしまうと、全て内容が消えてしまうことになりますので注意が必要です。

また、誤って31個以上のハッシュタグを使用してしまっていても、エラー画面は一切表示されず、投稿のみが消えてしまう仕様になっているため、投稿前に30個以下になっているかを必ず確認するようにしましょう。  

URLリンクは挿入できない

Instagramのキャプションでは、リンクを挿入することができない仕様になっており、URLを入力しても通常の文章の扱いになってしまい、さらにはユーザーは文章コピーすることができないため、入力しても意味がない状態になってしまいます。

Instagramのストーリーズでは、フォロワーが1万人を越えてくるとリンクを挿入できるようになりますが、投稿に関してはできないようになっています。  

Instagramアプリでキャプションで空白行をつくる方法

Instagramのアプリでは基本的に空白行を使用することができません。 どうしても空白行を作りたい場合は、「.」などの記号や絵文字を入力して改行する必要があります。  

キャプションは検索できるのか

Instagramのキャプションの文章の中身については検索ができないようになっています。

基本的にはハッシュタグでの検索のみとなっていますが、他のアプリやツールを利用することで、キャプションの文章を検索できるようになる場合もあります。  

アプリ(iOS/Android)ではキャプションをコピーできない

AndroidInstagramアプリでは、キャプションの文章をコピーすることができない仕様となっています。

Web版のInstagramであればキャプションの文章をコピーすることが可能となっていますので、どうしても内容をコピーしたい場合には、safariChromeなどのブラウザでアクセスしてみてください。  

キャプションの基本の書き方

Instagramのキャプションには基本的な書き方があり、ポイントを抑えて作成していく必要があります。 以下で詳しく解説していきます。  

テキストの記入・改行

Instagramのフィード投稿画面で投稿する写真・動画を選択します。

画像のフィルターを指定してから、「次へ」を選択して、次の画面に進みます。

「キャプションを書く」の枠を選択し、2200文字以内で内容を書いていきます。

あまり文字を詰めすぎると読み手に対して、読みにくさを感じさせてしまうため、改行を上手く行ってすっきりとした印象の文章になるように心掛けてください。  

ハッシュタグ(#)を付ける

ハッシュタグは投稿の内容に合ったキーワードのことで、ユーザーがそのキーワードを検索した際に記事が表示される仕組みになっています。

そのため、商品やサービスを多くの人に宣伝したい場合には必要不可欠なものであるといえます。 言葉の前に「#」を記載することで、ハッシュタグ検索に表示されるようになります。  

メンション(@)をつける

メンションとは、@(半角)+アカウント名を記載することで、他のアカウントへのリンクを表示できる機能のことをいい、メンションで登録されたテキストは青く表示され、そちらを選択するとリンク先のアカウントのプロフィール画面にアクセスすることができます。  

投稿したキャプションを編集する

フィード投稿のキャプションの内容を間違えてしまった際にも、後から編集や追加が可能となっています。

フィード画面・プロフィール画面で、編集したい投稿のメニューボタンにある「・・・」を選択し、表示されるメニュー画面から「編集」を選択すると編集画面に移ります。

編集が終わりましたら、「完了」を選択して終了します。 編集した内容は新規としての表示はされないため、ユーザーには分からない仕様になっています。  

効果的なキャプションを作成するポイント

Instagramに投稿する画像や動画の情報を補足できるキャプションは、商品やサービスの良さをアピールする上で欠かせないものとなっていますが、キャプションの内容によりユーザーに与える印象が変わってきますので、非常に重要な項目であることが分かります。

以下で、効果的な内容のキャプションを作成するためのポイントを解説していきます。  

文章は短く

Instagramは基本的に画像主体のSNSですが、最近では長文を掲載するユーザーも増えてきています。

ですが、長文を投稿する際には改行を行い、文章をすっきりさせて読みやすくしないと、読みにくさを感じさせてしまい、最後まで読んでもらえない可能性があります。

しっかりと改行を行い、短くテンポの良い文章を心掛けていき、ユーザーにとって読みやすい内容にしましょう。  

漢字を多用しない 漢字の使用率は30%くらいにする

キャプションの文章に漢字が多いと、読み手に難しい印象を与えてしまいます。

漢字の使用率は全体の30%程度にしておくと良いでしょう。  

シンプルに絵文字だけ入力する

桜であれば「🌸」、雪だるまであれば「」のように絵文字のみを使用する手もあり、絵文字には文字では表現できないニュアンスを伝えることができます。

シンプルに絵文字だけで表現すると、文章とはまた違う印象を与えることができますので、上手く活用していきましょう。  

英語や韓国語など日本語以外でキャプションを作成する

近年、日本語以外の英語や韓国語などでキャプションの文章を入力しているアカウントが増えており、日本語とは違ったスタイリッシュな印象を与えることができます。

また、ハッシュタグに英語などを使用することで、日本のみならず多くの国のユーザーに見てもらえる確率が高くなります。  

ハッシュタグをつける

キャプションの文章内にあまり多くのハッシュタグを付けすぎると、ごちゃごちゃした印象を与えてしまい、悪いイメージを持たれてしまう可能性があります。

そういった事態を防ぐために、ハッシュタグ自体をコメント欄に記載する手もあります。 コメント欄であってもキャプション同様に機能するので、流入率や拡散力にはマイナスの影響は出ません。  

点などで改行をアレンジをする

長文の文章が上にまとまりすぎていると、重たい印象を与えてしまい、最後まで読んでもらえない状況になってしまいますので、改行などで読みやすい印象を与えるように気を付けていかないといけません。

Instagramの仕様の問題ですが、改行を入れても最初の1行目は自動的にユーザー名の後ろに文章が表示されてしまいます。

その際には、「.」「・」「*」などの記号を入力して改行すると、左詰めの文章の表示が可能となります。  

必要無いことを書かない

キャプションの内容に問題がある場合、Instagramアカウントが炎上してしまい、ユーザーからの評価を下げてしまう危険性があります。

一度炎上してしまうと、投稿を削除してもスクリーンショットなどで拡散されてしまうため、他のメディアへの拡散を止めることが不可能です。

そのため、ネガティブな内容や誹謗中傷などの問題のある発言や文章は記載しないように心掛けましょう。  

ユーザーが知りたい情報を入れる

企業の担当者が内容を作成すると、どうしても宣伝色が強くなりがちになりますので注意が必要です。

宣伝色が強すぎると、ユーザーにマイナスの印象を与えてしまいます。

キャプションの内容を作成する際には、ユーザーにとって知りたいと思ってもらえる内容であるのか・親しみを感じることができるのかを考えて作成しましょう。  

話し言葉で書き人間ぽさを出す

Instagramのキャプションで文章を書く際には、「話し言葉」で書くようにし、人間ぽさを出すようにしましょう。

あまり固い文章でまとめてしまうと、機械的に感じてしまうため、親しみやすさを感じてもらえなくなります。  

アクションを促す

キャプションの内容を作成する際には、投稿画像の説明だけでなく、アクションを促すようにした方が良い結果に繋がります。

アクションとは、保存・イイネ・プロフィール画面へのアクセスなどになります。

アクションを促すことでエンゲージメントを獲得することができれば、投稿の閲覧数を伸ばすことができ、多くのフォロワーを獲得することができます。 

キャプションを上手く活用しているInstagramアカウント事例

Instagramのキャプションについて詳しく解説してきましたが、実際にInstagramのキャプションを活用して結果を出している企業やアカウントには、「北欧、暮らしの道具店」の株式会社クラシコム、「 flukeグルメ 」、「ヴィレッジヴァンガード」などがあります。

北欧、暮らしの道具店

 

北欧、暮らしの道具店」は株式会社クラシコムが運営しているInstagramのアカウントになります。

フォロワー数が87万人を超えており、未だに早いスピードで成長している企業です。

スマホファーストの考え方が出てくる以前から、ECサイトもスマホに最適化するための取り組みを行ってきた企業ですが、Instagramでキャプションを活用した戦略にも力を入れてきました。

日々平均で6投稿を継続して行っており、月間190投稿を継続して更新しています。 また、フィード投稿から商品を販売しているECサイトにリンクが繋がっており、上手く商品購入に繋げるような仕組みを確立しています。  

flukeグルメ

flukeグルメ」は都内を中心に全国のグルメ情報を紹介しているアカウントを運営しています。 料理の画像に地域名と料理名を記載しており、キャプションにお店の情報・価格帯・Instagramのアカウント名・料理の説明を記載しています。

効果的なハッシュタグの利用をはじめ、改行を上手く活用して非常に見やすい内容にまとめているため、1万人のフォロワーを抱えている人気のアカウントになっています。

ヴィレッジヴァンガード

ヴィレッジヴァンガード」はInstagramのキャプションをはじめ、ショッピング機能を活用してECサイトと連携して売上を伸ばすことのできた企業です。

Instagramの投稿を選択すると商品の明細が表示されるだけでなく、ECサイトにリンクが繋がっており、商品を購入できるようになっています。

ハッシュタグ、改行、絵文字などを利用して製品の良さをアピールしています。

画像も編集を行い、画像に文字を書き込むなど、消費者の興味を引くような工夫がされています。

Instagramをよりビジネスに活用するには?

実は、Facebook社よりInstagramで使用できるMessenger APIのアップデートを発表されました!(2020/10/19)

チャットボット等の外部ツールと連携し、よりInstagramをビジネスに活用しやすくなります!

詳細は以下の記事で紹介しておりますので、Instagramをより活用したいと考えている方はぜひご覧ください!

Instagramのチャットボットとは?メリットや出来ることをご紹介(Messenger API)

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる