LINEボットとは?

LINE BOTとは?

目次

  • LINE BOTとは?
  • LINE BOTの仕組み
  • LINE BOTの活用方法
  • チャットボット導入でLINE BOTが選ばれる理由
  • LINE BOTの事例
  • LINE BOTの作成方法
  • LINE BOTまとめ
  • LINE BOTとは?

    LINE BOTとは、一言でいえばコミュニケーションアプリLINEで動く、チャットボットだ。チャットボットとは?方は、当サイト記事のチャットボットとはを参考にして欲しいが、チャットアプリ上で動くロボットの事だ。
    つまり、LINEBOTは、LINE上でユーザーの発言に対して自動応答するプログラムの総称とも言える。
    LINEBOTがここまで普及してきたそもそもの発端は、2016年4月にLINEがMessaging API(旧:BOT API)を公開したことにより、誰でも簡単にLINEBOTが開発できるようになったことだ。


    出典:LINE

    LINE BOTの仕組み


    LINEBOTの仕組みは上図を参考にして欲しい。LINEアプリからのメッセージを、LINEプラットフォームが受ける。それをWEBhookによりBOTサーバーに送る。BOTサーバーからLINEアプリ側にメッセージを配信するには、LINEディベロッパーアカウントでaccess tokenを取得し、BOTサーバからLINE Platformに対してAPIを呼び出す。
    つまり、LINEBOTを開発したい場合には、BOTサーバーを用意し、access tokenを元にLINE PlatformにCallするためのAPIを開発するだけでいいということだ。

    LINE BOTの活用方法

    Messaging APIの公開により、誰でも簡単にLINEBOTが開発できるようになったLINEBOTだが、どんな場面で利用できるのか。
    パッと思いつく限りでも、以下のようなLINEBOTボットが世の中にはすでにあるか、開発することが可能だ。基本的には、自社の商品やサービスを知ってもらう買ってもらうマーケティングの側面と、業務効率化の側面の2種類に大別できる。

    企業での活用:
    ①顧客とのコミュニケーションの活性化
    例:商品検索や予約機能、商品理解を深めるクイズやアンケート

    ②お問い合わせ対応の自動化
    例:FAQ対応の自動化

    学校での活用:
    ①学生との中長期的なコミュニケーション手段
    例:オープンキャンパスの予約の自動化と、その後のフォローの自動化

    ②在学生または志望者からの問い合わせ対応の自動化
    例:入試関連のお問い合わせ対応を自動化

    ③単純作業の自動化
    例:正解と不正解が明確な算数や社会などの問題であれば、自動採点が可能

    自治体での活用:
    ①住民からのお問い合わせ対応の自動化
    例:ゴミの分別方法などのお問い合わせ対応の自動化

    個人での活用:
    ①面倒な作業を自動化する
    例:駐車違反切符の取り消し手続きの代替をするボット

    ②定型的な作業を自動化する
    例:アラート機能、天気予報の自動取得

    チャットボット導入でLINE BOTが選ばれる理由

    ブラウザチャットや、Facebookメッセンジャーなど、幾つかのチャットツールがある中で、LINEBOTが選択される理由について触れる。


    まず前提として、それぞれのインターフェースで、得意不得意がある。
    Facebookメッセンジャーであれば、日本の若い層はもはやアプリ自体を使わなくなってきているので、向かないだろうが、外国人向けであればむしろFacebookメッセンジャーが適すだろう。またビジネスユースはLINEよりも高いので、toB向けのサービスであればLINEよりもFacebookメッセンジャーがベターだろう。
    LINEは日本の老若男女が利用するアプリなので、一般消費者向け、かつ日本人向けであればLINEでほぼ間違いない。
    一方で、FacebookメッセンジャーもLINEも、万が一アプリを利用していない場合には、ダウンロードするという手間と、LINEであれば友達登録するという障壁が存在するのは事実だ。
    ブラウザチャット(webチャット)であれば、その点はクリアだが、アプリのようにアカウントレベルで繋がることはできないので、中長期的にフォローすることは難しい。

    じゃあLINEが選択されるのは、なぜか。
    それは、やはり圧倒的にLINEが一般消費者に普及し、日々使われていることに尽きるだろう。


    出典:LINEメディアガイド

    もはや企業と消費者の接点は、従来のリアルからウェブ(ブラウザ)に変わったが、これからはウェブ(ブラウザ)でさえない。LINEの可処分時間が圧倒的に多い10代20代は、もはやブラウザを開いて検索することすら面倒だと思う世代なのだ。今後の彼らとのコミュニケーションにおいて、ウェブ(ブラウザ)ベースでの接客だけでは、もはや通用しなくなるだろう。

    出典:LINEメディアガイド

    LINE BOTの事例

    LINEBOTの事例について少しご紹介するが、詳細は当サイト記事のLINE BOTの業種別おすすめ事例14選を参照していただきたい。

    企業:ドミノピザ

      

    ドミノピザのLINEアカウントでは、LINE内でピザの注文が完結できることで注目されている。

    多くのLINEビジネスコネクトアカウントでそうだが、ユーザーはまずはじめに会員データベースとLINEのユーザーIDをコネクトさせる必要がある。
    その後、LINEリッチメニューの「ドミノ簡単注文」をクリック。LINE内ブラウザにリンクするので、そこでお好みピザを選択する。

    実際に注文してみると、いくつかの便利な機能に驚いた。
    まず、受け取り店舗はLINEの標準機能である位置情報送信から、自動で近くの店舗を提示してくれる。おおよそ近い順になっている。

    また、クーポンが利用できるのだが、複数のクーポンからお好みのクーポンを選択できる点だ。1枚割、ドミノ簡単注文1000円割引、ドミノ簡単注文15%割引、クーポンを利用しないの4種類から選ぶ。

    最後にお支払いだが、LINE内ブラウザにはリンクするものの、クレジットカードで事前に決済しておけるため、店舗ではできたピザを受け取るだけでいい。
    なかなか便利だ。
    開発ベンダー:LINEチャットボット

    学校:東京総合美容専門学校

      
    美容科、トータルビューティー科など、美容師を目指す人のための美容専門学校である東京総合美容専門学校のLINE@アカウントでは、資料請求や体験予約の他、自動でのお問い合わせ対応も可能だ。

    体験入学メニューを押すと、日程を聞かれるので、日程を選択する。日程を確定すると、以前に資料請求をしたことがあるか、聞かれる。ある場合には、一度個人情報を入力しているので、わざわざ再度入力する必要がないように設計されている。これはユーザーとしてはありがたい。

    また、お問い合わせ対応では、フリーワードでのお問い合わせに自動応答してくれるだけでなく、質問に対して更に深掘りしてくれる。例えば、「学費はいくら?」という質問に対しては、学部によって異なるため、「学部はどちらですか」と質問で返してくる。学部を選択すると、学費を回答してくれる。単に1問1答だけではなく、人と会話しているかのように、コミュニケーションができる。
    開発ベンダー:hachidori

    LINE BOTの作成方法

    LINEボットの作成方法だが、詳細は当サイト記事のLINEBOTの作成方法を参照いただきたい。
    当記事では簡単に説明する。
    まず前提として、LINEから提供されているMessaging APIを利用することになる。あとはそのAPIを実行するためのプログラムを自力でコーディングするか、BOT作成ツールを用いるか選択することになる。
    単に、決められた会話を呼び出すためのプログラムをコーディングするだけなら、ある程度のエンジニアでもできるだろうが、チャットボットを開発する上で大変なのは、自然言語処理を自分で実装する点だ。ここについては、もちろんオープンソースなどを利用することもできるのだが、何をどのように使えばいいのか、その情報はそう簡単には手には入らない。また、そもそも海外サービスが多いオープンソースだけでの実装で十分なのかという議論もある。この辺をクリアにするとなると、結局はどこかのチャットボットビルダーツールを活用するか、業者に委託した方が早いということになる。
    エンジニアが興味本位で試しに作る分には構わないが、本気でビジネスで利用するとなれば、そう簡単にはいかないだろう。
    なお、世の中にはいくつかのチャットボット開発ツールがあるので、ぜひ活用してLINEBOTを開発して見て欲しい。

    LINE BOTまとめ


    出典:ユニクロ

    すでに海外のECサイトでは、チャットボットが導入されていないサイトの方がマイナーになっている。また、海外ではFacebookメッセンジャーやアプリ上で自動応答するチャットボットが急速に普及している。日本だけ例外ということはないだろうし、日本の場合は、日本ならではのメッセージアプリLINEを無視することはできないだろう。そうなると、必然的にLINEBOTは一定以上普及すると予測できる。
    企業や組織が、LINEアカウントを使って、ユーザーとのコミュニケーションを自動化するのが当たり前になる時代はそう遠くないだろう。