【国内外、媒体別]】D2CブランドのSNS運用事例

【国内外、媒体別]】D2CブランドのSNS運用事例

今では収益を上げる方法として、いろいろな方法があります。企業としては、より顧客にサービスを提供できる方法や独自性を出すことができるように取り組む必要があり、成果を上げることができる戦略や方法を立てる必要があります。

その中で注目を集めているのはD2Cブランドです。D2Cブランドは今や企業だけでなく、商品提供をしている業者は積極的に行っています。D2Cブランドの魅力や事例に関して内容を紹介していきます。

目次

D2Cとは?

「D2Cとは?」と疑問を感じる人もいるでしょう。D2Cとは英語から来ており、「Customer(顧客)、に対してDirect(直接)に販売することを指します。

今ではまでは、メーカーやブランドが製造する商品はスーパーマーケットや家電量販店のような店舗を通して販売するのが主流でした。

しかし、インターネットの普及により、ECサイトなどを商品をユーザーに直接販売することもできるようになったため、今では企業が直接ユーザーと取引を行うことが主流になっています。

D2Cの方式であれば、商品を仲介業者に卸すための費用や手間をかけずに済み、また、ユーザーが商品に対しての評価を直接的に聞くことも可能です。

今はインターネットを利用したD2Cの方が収益も上げやすく、またマーケティングなども行いやすいため、多くの業者が利用しています。

媒体ごとのSNS運用ポイント

D2Cによる収益を上げる方法としてはSNSをうまく活用することができます。

SNSは今や多くの人が利用しているため、D2Cとして利用するのに最適な媒体です。

SNSにもいろいろな媒体があるため、それぞれの運用ポイントを確認しておくことも大事です。以下の点を確認してください。

Twitterの運用ポイント

多くの人が使用しているSNSにはTwitterがあります。

TwitterはどのようにD2Cとして運営していくことができるのか内容を紹介していきます。

キャンペーンを出してユーザーの関心を引く

Twitterでの運用事例としてキャンペーンを出してユーザーへのアピールを行っている企業もいます。

例えば「リツイート&フォローで〇〇をプレゼント」などのキャンペーンを出すなら、多くのユーザーが興味を示して関心を示します。

キャンペーンを出してどれくらいの人がリツイートしてくれたのかにより、宣伝できら人数を計算できます。

さらに、リツイートの際にフォローしてくれる人がいれば新規見込み客として可能性のある人も呼び込めたことになります。

Twitter運営なら、宣伝と見込み客の獲得を得ることが可能です。

ユーザーと交流することができる

Twitterはユーザーとの交流に利用することも可能です。

Twitterで公式の写真を提供して自由に感想を入れてもらうこと、またユーザーの投稿をリツイートして他の商品やサービスを紹介することなど、いろいろなアプローチを行うことが可能です。

Twitterでユーザーと交流を図るなら、提供している商品への満足度などを確認することができるので、新たな改善点を見つけることもでき、またフォローしているユーザーが情報を拡散してくれることも期待できます。

ユーザーと交流することで、より商品のクオリティ向上などに利用することができます。

Instagramのポイント

続いてInstagramもSNSの運用として多くの人が利用しています。

Instagramの場合は写真を利用してユーザーに商品利用している場面をイメージしやすくできます。

例えば、アパレル関係の企業であれば服のコーディネートをInstagramにアップすることで、ユーザーに服を着たイメージを想像させやすくなります。

飲食店であればアレンジレシピや提供している食品の写真をInstagramにアップすること絵魅力を伝えることもできます。Instagramは視覚に訴えることができるため、サンプルとしてユーザーに商品のインパクトを与えることが可能です。

国内外のD2CブランドのSNS運用事例

D2Cを利用するなら企業の提供する商品をユーザーにより身近に感じてもらうことができるので、活用するのがおすすめです。

ただ、どのように活用すればいいのか、イマイチイメージできない方もいるはずです。

ここからは国内外のD2CブランドのSNS事例を紹介していきます。活用方法の参考にしてください。

国内D2CブランドのSNS事例

国内のD2CブランドはどのようにSNSを活用して運営しているのか気になる人もいます。

国内のD2Cブランドは以下のような企業や業者がSNSを活用して成功しています。

Minimal(@minimal_beantobarchocolate

Minimalは日本のチョコレートブランドです。

Instagramを活用して新商品の紹介やブランドへの取り組み、食材へのこだわり、ワークショップの開催などを発信しています。

さらに、Instagramのショッピング機能を利用して、興味を抱いたユーザーが直ぐにサイトへアクセスできるように設定しているので、チョコレートの購入までがスムーズに行えるようにしています。

Instagramの写真で購買意欲を引き出し、そのままECサイトに誘導するシステムとなっているので、商品の売上アップにつなげています。

BASE FOOD(@basefood_tokyo

BASE FOODは1日に必要な栄養食の「BASE PASTA」の開発と販売をしているブランドです。

Instagramを利用して「BASE PASTA」の投稿をしており、消費者目線でどのような点がおすすめなのか投稿をして商品のアピールを行なっています。

消費者目線の投稿なのでユーザーは興味や関心を抱きやすく、距離感の近さで購買意欲を刺激します。

他社とのコラボを行うなどしてファンやユーザーの関心を集めるようにしています。

delishkitchen.tv(@delishkitchen.tv

delishkitchen.tvはInstagramでフォロワーを増やして、自社サイトへの流入を行える仕組みを作りました。

Instagramの公式アカウントでは料理のレシピ動画や調理工程を発信して関心を抱かせるようにしています。

また、フォロワーと企業が求めている顧客層が一致するように、情報を集めて投稿を行っています。

フォロワーの数も300万人を超えるなど、Instagramの利用でリピートユーザーの確保を確固たるものにしています。

Mr. CHEESECAKE(@mr.cheesecake.tokyo

Mr.CHEESECAKEは名前の通り、チーズケーキを専門に販売している会社です。

Mr. CHEESECAKEは商品の紹介にInstagramのストーリーズを活用したことで、フォロワーから多くの商品購入の連絡が来ました。

その後もInstagramにレシピの投稿を行ったり、インフルエンサーの方に商品紹介をしてもらったりすることで、多くの問い合わせを得ることができました。

また、Twitterではユーザーの交流の場としても利用しており、チーズケーキのオンライン販売につなげるために、Instagramで商品のアピールを行っています。

COHINA(@cohina.official

COHINAは155cm以下の小柄な女性をターゲットにしたファッションブランドです。

COHINAはファッションのアピールのためにInstagramのライブ配信を利用しました。

ライブ配信を行うことでユーザーの方に服装のイメージを持ってもらえることはもちろん、ユーザーの意見をリアルタイムで聞くことができるので、商品の開発や企画に反映することが可能です。

ライブ配信によりアピールと次回への開発のアドバイスの両方を得ることができ、業績を伸ばすことができました。

アカウントのフォロワーも12万おり、アーカイブも加えると5,000〜7,000人が視聴してくれることもあるようです。

海外D2CブランドのSNS事例

国内だけでなく、海外のD2Cブランドのやり方も確認するなら、運用のための良い事例となります。

海外のD2Cブランドではどのような運営を行っているのか以下の企業をご覧ください。

EVERLANE(@everlane

EVERLANEはアメリカのカリフォルニア州、サンフランシスコに本社がある衣料品メーカーです。

2010年に男性向けのTシャツ販売をしていましたが、今は女性向けの衣料人もECサイトで販売しています。

EVERLANEはInstagramを通してスタイリッシュないファッション写真や動画を紹介しており、投稿の際に寄せられたメッセージにも返信するなど、ユーザーとコミュニケーションを図っています。

また、海外の人気インフルエンサーに製品を着用してもらい、服装をユーザーにアピールして訴求力アップにも活用しています。フォロワーは100万人を超えており、多くのファンを獲得しています。

AWAY(@away

AWAYは2015年にアメリカのニューヨークで創業されたスーツケースブランドです。

創業1年目に5万台、2年目に50万台のスーツケースを販売しており、製品は高性能で洗練されたデザインとなっています。

AWAYはスーツケースのD2CブランドとしてInstagramを活用しており、旅行の様子を投稿してブランドイメージの訴求力を上げています。

スーツケースに大きくピックアップしているわけではなく、自然な感じで写っているようにしているため、ユーザーも違和感なくスーツケースの魅力が伝わるようになっています。

ユーザーのコメントに対しても意欲的に返信を行なっており、ユーザーへの関心を繋ぎ止めることもできています。

WARBY PARKER(@warbyparker

WARBY PARKERはアメリカのニューヨークで2010年に創業された眼鏡ブランドです。

アメリカとカナダにショールミング店舗を100店舗以上構えており、無料のレンタルサービスを行うなど、人気の眼鏡ブランドです。

WARBY  PARKERはInstagramアカウントで商品や店舗の紹介を行っており、どのような眼鏡を販売しているのかお店の様子はどうなっているのかを宣伝しています。

投稿に対してユーザーからコメントが来れば積極的に返信をしてコミュニケーションを取るようにしており、また人気のインフルエンサーとコラボして眼鏡の訴求力を強化することもあります。

Instagramを活用してフォロワーは2020年3月で55万人以上を確保しています。

‎Glossier(@glossier

Glossierはミレニアム世代をターゲットにしたコスメブランドであり、2010年にニューヨークで設立されました。

始めはブログを活用して商品の紹介やアピールを行っていましたが、Instagramも活用するようになり、両方で商品のアピール、またユーザーのコメントによるコミュニケーションを取るようにしました。

このブログとSNSの活用により、ユーザーは美容に関してリアルな体験談や意見を交換することができるようになりました。

コミュニティが広がったことでユーザーに適した商品開発や購買層の拡大を行うことができ、売上を伸ばすことに成功しました。

Allbirds (@allbirds

All birdsはシューズブランドであり、わずか2年で100万足以上の売上を記録し、2018年には企業価値が10億ドルに達するなど成功を収めています。成功の秘訣はInstagramであり、高いクオリティの写真や動画、イラストを駆使してカラフルなデザインとしており、ユーザーの関心を引きつけたことです。

Instagramにカラフルな写真や動画を載せることで商品が一層良く見えるため、購買意欲をかき立てることができるからです。シューズのアピールに成功したことで大きな売上をあげて成功することができました。

まとめ

D2Cブランドです。成功を収めるためにはSNSの活用は必須です。どのようにSNSを活用することでユーザーの購買意欲やアピールとなるのか考えることで売上や商品開発の成功につなげることができます。ぜひ、活用を考えてみてください。

実は、Facebook社よりInstagramで使用できるMessenger APIのアップデートを発表されました!(2020/10/19)

チャットボット等の外部ツールと連携し、よりInstagramをビジネスに活用しやすくなります!

詳細は以下の記事で紹介しておりますので、Instagramをより活用したいと考えている方はぜひご覧ください!

Instagramのチャットボットとは?メリットや出来ることをご紹介(Messenger API)

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる