Facebookメッセンジャーボットを開発する方法

Facebookmessengerbot開発、チャットボット

Facebookメッセンジャーボットを1から開発する方法とは?


Facebookメッセンジャーボットを1から開発してみる。

非常に難しく感じると思うが、実はそこまで難しいものではない。もちろんFacebookがAPIを公開しているからできるのだ。

プログラミング不要で、登録するだけで開発できる方法を紹介しよう。

目次

  • Facebook for Developersにて開発者登録
  • Facebookページ作成
  • Facebookアプリ作成
  • サーバー準備
  • Webhooks設定
  • Facebookアプリ登録
  • おわりに
  • おまけ
  • Facebook for Developersにて開発者登録

    ここからアクセスし、まずは開発者登録を行なう。

    Facebookメッセンジャーボット開発スタート

    Facebookメッセンジャーボット開発、チャットボット

    Facebookページ作成

    Facebookページは、企業や個人事業主にとって重要ページだ。

    既にFacebookユーザーは日本国内では2,700万人(2017年時点)、全世界でのユーザーは20億人となっている。そのユーザーに向けた企業や個人事業主のFacebookページはユーザーと直接繋がることができる広告である。このFacebookページの中身を充実させ、事業やサービスについて「いいね」を貰うことで、拡散されていく非常に重要なページ作成である。

    ここからアクセスし、Facebookページを作成する。

    Facebookページ作成

    Facebookページ作成、チャットボット、メッセンジャーボット

    Facebookアプリ作成

    Facebookアプリは、Facebookを利用する上で機能の拡張を目的とした非常に便利なものである。

    Facebookは外部向けのAPIを公開しており、誰でも開発できるようなプラットフォームになっている。そのFacebookを利用していく中で、様々な機能を使えるよう各種アプリを用意している。

    今回はFacebookメッセンジャーボットの開発のため、「Messenger」というアプリを作成、設定しなければならない。

    ここからアクセスし、Facebookアプリを作成する。

    Facebookアプリ作成

    1.新しいアプリ追加

    右上にある新しいアプリ追加を押し、各種設定する。

    hachidoriのFacebookメッセンジャーボット、チャットボット、Facebookアプリ

    2.Messenger有効化

    「Messenger」アプリを選択し、有効化する。

    hachidoriのFacebookメッセンジャーボット、チャットボット、Facebookアプリ

    3.アクセストークン取得

    既に作成されたFacebookページを選択し、トークン生成を行なう。生成されたトークンはメモなどコピーしておく。

    hachidoriのFacebookメッセンジャーボット、チャットボット、Facebookアプリ

    サーバー準備

    無料でサーバーをレンタルしているサービスがあるので、慣れていない場合は無料サーバー利用をおすすめする。有料でも安くサーバーレンタルできるものもあるので、無料にこだわらず、色々探してみても良いと思う。

    無料サーバーは様々あるので、自身に合ったものを選択する。

    無料サーバー特集
    出展:NAVERまとめ

    Webhooks設定

    設定したサーバーをFacebookアプリで設定を行なう(Webhooks設定)。

    hachidoriのFacebookメッセンジャーボット、チャットボット、Facebookアプリ hachidoriのFacebookメッセンジャーボット、チャットボット、Facebookアプリ

    Facebookアプリ登録

    ターミナルを起動し、コマンドを実行する。
    ※ただし、Windowsは別途ダウンロードが必要

    おわりに

    このように、Facebookは誰でも開発できるようなオープンなプラットフォームである。

    開発もそこまで複雑ではなく、多少のITリテラシーを持っていれば15分くらいで開発できるであろう。この開発したFacebookメッセンジャーボットを窓口として、ユーザーと直接繋がっていくことがこれからの将来非常に重要である。

    Facebookは毎日起動されており、その数は13億アカウント(アクティブユーザー)である。これらユーザーとダイレクトに繋がることで、企業(あるいは個人事業)の活動範囲を広げていくことが可能だ。是非一度Facebookメッセンジャーボットを開発してみてはいかがだろうか。

    おまけ

    上記の方法は、サーバーを用意しなければならず、またコマンドを実行しなければならないため、ITリテラシーを持っていない場合は多少苦労するであろう。

    しかし、サーバーも用意する必要がなく、手順に沿ってFacebookメッセンジャーボットを開発する方法がある。それはチャットボット提供している企業のサービスであれば簡単に開発することができるのだ。
    誰でも簡単にできるFacebookメッセンジャーボットの作り方はコチラ

    チャットボット、hachidoriのFacebookメッセンジャーボット